カテゴリ:空知( 22 )

南空知の秋点描  2018.10月

f0200402_20260382.jpg
長官山北部から昇る朝日。
f0200402_20261989.jpg
とある茶店の
f0200402_20303635.jpg
蔦の紅葉。
f0200402_20310295.jpg
プロパンガスが惜しい。右手にフットパスの標識。
f0200402_20314127.jpg
蔦つながりで、少し離れた場所の防風林で見かけた紅葉。
f0200402_20493632.jpg
まだ日が入らない暗い防風林内で見かけたカエデ。
f0200402_20315443.jpg
庭ではツツジが狂い咲き。
f0200402_20321278.jpg
配管萌え~  フル稼働の?穀類乾燥調整貯蔵施設。
f0200402_20323161.jpg
配管の近くから望む恵庭岳。右手に丹鳴岳。
左手に徳舜・ホロホロの頭がちらっと見えている。
f0200402_07250368.jpg
手前にはイチャンコッペと島松山(北広山)。




[PR]
by tafu-r | 2018-10-22 20:38 | 空知 | Comments(0)

移ろい   2018.9月

f0200402_05205798.jpg
9月下旬に稲刈りが始まった。稲に関しては台風の影響はさほど無かったようだ。
作況指数は不良だが、素人目には分からない。

身内が鬼籍に入り、自分はこの地を離れることになった。思い出にスナップを少々。
f0200402_05214115.jpg
石狩川の旧河道(現ラウネ川)。
f0200402_05222832.jpg
忘れられた様な吊橋。渡った先には、
f0200402_05230368.jpg
旧滝川火力発電所。現在は北電の研修施設となっている。
往時は函館本線からここまで支線が伸び、空知の豊富な石炭が運び込まれた。

胆振東部地震から三日後に通りかかったが、駐車場は福井ナンバーの移動電源車や
その関係車両でいっぱいだった。遠路はるばる救援に駆けつけてくれたのだろうか。ありがたい。
f0200402_05233322.jpg
うだつが上がらない人生。先が見えないw
f0200402_05240445.jpg
石造りの立派な袖うだつ。明治~大正時代の古い写真にも登場する歴史ある建物。
中川かなもの店はこの春閉店してしまった。
f0200402_05243444.jpg
こちらもうだつ?
f0200402_05251035.jpg
地震の影響か老朽化なのか、ひび割れが目立つ。隣の石造りの建物にも大きなひび割れが見られた。
f0200402_05254007.jpg
上部は不揃いのレンガを積んでモルタルで覆っている。
f0200402_05261898.jpg
金滴さんも色々ありました。頑張って欲しいです。禁酒中なので消費の面では応援できませんがw
f0200402_05295753.jpg
時代は一気に飛んで、現代のレンガ建築のファクトリー。8年前に撮影。
f0200402_05302798.jpg
ソメスサドルの風見馬とピンネシリ。最近ここで早朝に白い虹を見たが、
カメラを持っていなかった。残念。
f0200402_05311489.jpg
こちらは岩瀬牧場の風見牛。新店舗がオープンしたようですね。
f0200402_05312983.jpg
最後は江部乙神社へ。南参道の立派な鳥居から進むとオオウバユリがお出迎え。
古くは右手に西向きの拝殿・本殿があったようだ。
f0200402_05314053.jpg
西参道には古い小さめの鳥居。トタン?で覆っているのだろうか。珍しい。
碍子は何のためだろうか。
f0200402_05320362.jpg
にこやかに出迎える狛犬。番犬の用を成していない。
f0200402_05324015.jpg
こちらは口を結んで微笑んで。
f0200402_05325478.jpg
余震が怖いですが、この秋から南空知へ移住。馬追丘陵がホームグラウンドになりそうです。

災害が多かった一年。ちょっと早いですが、来年は笑顔で過ごせますように。






[PR]
by tafu-r | 2018-09-30 05:40 | 空知 | Comments(0)

奈井江山(三等三角点 奈井江町) 2018.3.31

f0200402_07161891.jpg
近場の大規模伐採シリーズ第二弾。山頂は奥の丸いピーク。
f0200402_07182965.jpg
黄砂なのか霞がひどく、右手に見えるはずの暑寒別岳はぼんやり。
奈井江三角山や爾波山を裏側から見るのは新鮮。
f0200402_07274484.jpg
近づく山頂。







[PR]
by tafu-r | 2018-04-01 07:34 | 空知 | Comments(0)

西山(歌志内市) 2018.3.18

f0200402_21513065.jpg
徹底的に伐採された西山。
f0200402_21532581.jpg
・453 から見上げる。
f0200402_21535413.jpg
急斜面を登りきって、歩いてきた尾根を振り返る。
遠景は樺戸山地と空知平野。
f0200402_20483636.jpg
3月18日は歌志内市の西山へ。
この山は歌志内市の炭鉱地帯の南に位置して、疎林だったら炭鉱俯瞰にもってこいなのに
と思っていたが、数年前から大規模な伐採が行われていてチャンス到来。

神威岳から眺めて知ってはいたが、伐採前は存在すら知られていないような藪山低山。
藪山愛好のピークハンター(ネガティブな意味合いはありません。リスペクトしていますw)でも
食指を伸ばさないなーと思っていたが、測量刈分けから登られたSさんとWeb上で地図がガイドチーム
さんの藪山行記録が見られて頭が下がる。

写真は盤渓曹津地(三等三角点)から見た西山。滝川市からも目立って見えていた。
西に伸びる尾根まで広く伐採されていて、眺めを楽しみながらこの尾根をたどってみる事にした。
ルートは上砂川町の温泉手前のキャンプ場から尾根に上がり、三等点 372.5 から・441 ・453 とたどった。





More
[PR]
by tafu-r | 2018-03-19 21:23 | 空知 | Comments(0)

新十津川駅 初夏  2017.6月

f0200402_22324782.jpg
夏至が近づく頃、新十津川駅へ。
ホームから駅舎。
f0200402_16284822.jpg
ちょっとノスタルジックに撮りたかったが難しい。
クラシッククロームで。
f0200402_16291801.jpg
車止めから南側を。
かつての鉄路 札沼北線(石狩沼田ー浦臼)は、昭和6年に沼田村から新十津川村まで延びて開業。
駅名は中徳富駅だった。その頃は今とは逆で、ここから南にはまだレールは無かったのだろう。
昭和9年には浦臼まで開通している。
後に札沼南線と繋がり全線開通も束の間、戦時中に石狩当別~石狩沼田間が運休。
レールは樺太(サハリン)の鉄道に転用されたという。


More
[PR]
by tafu-r | 2017-06-19 22:35 | 空知 | Comments(0)

三笠市の低山と炭鉱遺構群 その3 達布山~小達布山 2017.3.12

f0200402_21004152.jpg
展望台から小達布山を見下ろす。
f0200402_21403507.jpg
桜並木からスタート。左手に小達布山。右手に達布山。



[PR]
by tafu-r | 2017-03-15 20:59 | 空知 | Comments(0)

三笠市の低山と炭鉱遺構群 その2 三笠山(観音山)・奔別炭鉱・幾春別炭鉱 2017.3.12

f0200402_20500625.jpg

レトロでかわいい立坑櫓と
f0200402_20484365.jpg

巨大な立坑櫓。
f0200402_20494478.jpg

巨大なホッパー。



[PR]
by tafu-r | 2017-03-15 20:51 | 空知 | Comments(0)

三笠市の低山と炭鉱遺構群 その1 幌内(三等三角点)と幌内炭鉱 2017.3.11

f0200402_20295335.jpg
山頂付近から眺める三笠山・美唄山方面。
f0200402_20302595.jpg
中腹から見える幌内炭鉱のズリ山と樺戸山地



[PR]
by tafu-r | 2017-03-15 20:32 | 空知 | Comments(0)

滝川市菜の花 江竜橋近辺  2016.5.22

f0200402_22273369.jpg

滝川市江部乙の菜の花が見ごろを迎えた。一週間前はわずかに咲き始めた
感じだったが、このところの好天で一気に満開となった。
江部乙の丘陵地帯は林檎や梨の花も咲き、花一色となる。

5月22日は前日までのかすみが取れて、なぜかスッキリハッキリの快晴。
最高の日和となったが、惜しむらくは山々の残雪が少なめであること。
好天に誘われて、サイクリングがてら撮影してみる。人出の多い丸加高原方面は
避けて、誰も来ない雨竜町方面へ。写真は函館本線の横から見る樺戸山地。

f0200402_22275236.jpg

石狩川沿いのサイクリングロード(深川砂川自転車道)は未開通部分があり、
最近やっと江竜橋南側が出来た。残すは江竜橋北側のわずかな区間のみとなったが
開通するのはいつになるのやら。開通しても堤防上を走るだろうw

f0200402_2228725.jpg

江竜橋と暑寒別岳。旧江竜橋は抜け道として数え切れない位渡ったが、幅員狭く
橋の前後は勾配のあるカーブで怖い橋だった。

f0200402_22282836.jpg

石狩川と雨竜川の合流部の向こうに樺戸山地。

f0200402_22284286.jpg

同じく合流部の向こうに美唄山。左手奥は芦別岳。

f0200402_22291975.jpg

雨竜川部分に未だに残る旧江竜橋の橋桁。解体する気があるのだろうか。

追記:11月下旬より解体作業の再開準備が始まり、2017年3月、H28年度末で解体工事終了予定だそうです。
   橋桁は54mの92トン。北海道に2台のみの750トン巨大クレーンで解体するそう。 
   出典 プレス空知
f0200402_22295015.jpg

田植えの最盛期を迎えていた。




[PR]
by tafu-r | 2016-05-23 22:39 | 空知 | Comments(2)

赤平山 二つのズリ山を越えて  2016.3.27

f0200402_230253.jpg

北炭赤間炭鉱のズリ山へ。

f0200402_2302610.jpg

住友赤平炭鉱のズリ山から神威岳。右手奥はピンネシリなどの樺戸山地。

f0200402_2304467.jpg

赤平山への登りからイルムケップ山塊を振り返る。

ズリ山は、観光スポットとして階段・フットパス等が整備されていない限り
基本的に立ち入り禁止と思われます。住友赤平炭鉱のズリ山は、
自己責任において稜線を通過する形で立ち入っています。



More
[PR]
by tafu-r | 2016-03-28 23:08 | 空知 | Comments(0)