今時期の花を訪ねて  エゾミセバヤ・チドリケマン  2010.8.28-29

f0200402_2285745.jpg

エゾミセバヤをのぞきこむ。高度感麻痺。

f0200402_21221259.jpg

8月28日は札幌の低山へ。
切り立った岩壁に点在するエゾミセバヤは、見頃を迎えていた。

f0200402_21223342.jpg

アオノイワレンゲ。ちょうどこれから花茎が伸びようとしているところでしょうか。

f0200402_2122512.jpg

翌日はとある観光地を散策。
チドリケマン。




f0200402_21234154.jpg

距は上を向いて、確かに鳥のような形。

f0200402_21235345.jpg

果実のさやに触ると、パーンとはじけて種子が飛び散り、びっくり。
さやはコイルの様に丸まって、またまたびっくり。コイルの写真は撮り忘れてしまった。

f0200402_2124392.jpg

黒岳がちらっと。

f0200402_2118458.jpg

さらに別の観光地へ移動。つづら折りの登山道を登っていくと、
目的の花は見られなかったが、アケボノシュスランやツバメオモト
が多く、藍色の実と共に眼を楽しませてくれた。

f0200402_2124564.jpg

マイヅルソウの実も熟し始めていた。
[PR]
by tafu-r | 2010-08-29 22:09 | 札幌近郊 | Comments(0)
<< 夕暮れの展望台  神威岳(かも... 写万部山の天測点  2010.... >>