鳩ノ巣山(夕張市) 市役所の裏山  2010.2.14

f0200402_06311272.jpg
2月14日は夕張市の鳩ノ巣山へ。写真は途中で見下ろす高松ズリ山。

夕張市の低山は登った事が無く、まず手始めに他の山の偵察も兼ねて。
車は市役所の駐車場に停めさせていただく。日曜日なら問題無いと思われる。
隣の夕張市民会館の所には、かつて夕鉄線の夕張本町駅や
国鉄の夕張駅があった(幾度も位置が変わっている)。
f0200402_17100268.jpg

市役所裏手の斜面に建つ民家へ向かう道からスタート。
四等三角点「昭和」356.34m と配水池の施設?を見て、ここから尾根伝いに登って行く。
f0200402_17181944.jpg
ホテルの裏に社光ズリ山とずっと奥に石炭の歴史村が見える。
石炭の歴史村は、開業間もない頃に高校の社会見学か何かで訪れたことがあり、
坑道展示と真新しい遊園地が強く印象に残っている。






f0200402_17220314.jpg
カラマツ林を登って行くと
f0200402_17222127.jpg
アンテナが現れ、
f0200402_17290164.jpg
高松地区のズリ山や炭住跡が眼下に見えてくる。

f0200402_17325198.jpg
その後痩せ尾根を通過し
f0200402_17372555.jpg
・549で突然南側の視界が開ける。
遠くに佐主岳、鬼首山などが見える。
f0200402_17391077.jpg
冷水山とスキー場。右手の駐車場奥にズリ山が見える。
こちらも開業間もない70年代半ばに小学生の頃訪れている。
ゲレンデ下を流れる川に落ちそうな感じがして、怖かった記憶がある。

冷水山の麓にもかつて炭鉱があって、北炭夕張炭鉱第三鉱(新夕張炭鉱)の坑口があった。
左手前の斜面に隠れて見えないが、ゲレンデ下の志幌加別川支流の沢沿いに
橋立坑や松島坑があったようだ。鳩ノ巣山の麓にもあったらしく
眼下右手前の沢地形の奥に宇治坑があったらしい。
f0200402_17403859.jpg
中腹には厳島坑があって、ゲレンデ脇に坑口が見られるようだ。
坑名は日本三景から取って名付けたそう。
f0200402_17425032.jpg
栗山町継立方面が見えて、継立駅、新二岐駅と経由する夕鉄線跡を眼で追う。
遠景は馬追丘陵の奥に樽前山から恵庭岳まで。
f0200402_17443288.jpg
山頂台地へ登っていく。
f0200402_17455390.jpg
台地手前。
f0200402_17470537.jpg
山頂台地へ。
台地に上がる手前で夕張山地の眺めが良くなるが、あいにく夕張岳と芦別岳はガスの中だった。
他の山はそこそこ見る事ができた。
f0200402_17534530.jpg
四等三角点「歴史村」592.03m の向こうに夕張岳。
f0200402_17553999.jpg
同じく右手の南側、屏風山方面。屏風山はぎりぎり見えない。

f0200402_16571129.jpg
三等三角点「本流越」873.58m と前岳。

f0200402_20385421.jpg
左手の小天狗と右手に屹立する中岳を遠望。

f0200402_20424689.jpg
左に中天狗。右に小天狗。間のシルエットは布部岳と富良野西岳。

f0200402_1714482.jpg
左端に幾春別岳。
f0200402_18033771.jpg
社光ズリ山。

f0200402_17571900.jpg

奥が山頂だと思われる。山頂には四等三角点「鳩の巣山」が設置されている。
まるで公園の様な整然とした山頂台地。右手は植林地帯で展望は無く、
中央は防火帯としているのだろう。点の記を見ると火防線とある。
選点は昭和60年となっていて四等だけに比較的新しい。昭和23年の
空中写真を見ると、付近の山も含めて一度徹底的に伐採されて
山全体が禿山状態だったように見える。坑木等に利用されたの
だろうか。


f0200402_173267.jpg
山頂手前で三角山(夕張)方面が見える所があった。

f0200402_1744533.jpg
山頂から奥、・624ピーク方向。

f0200402_1753814.jpg
南から西方向は眺めが良い。馬追丘陵が良く見える。
手前の谷あいにはかつて角田炭鉱専用鉄道が敷設されていた。
f0200402_1761582.jpg
馬追山の奥に島松山。
f0200402_18003506.jpg
何気なく札幌方面を撮影したら、百年記念塔と大倉山シャンツェが写っていた。
手前の町は南幌町。南幌町から北長沼へと手前に向かってくる
きらら街道(夕鉄線跡)が見えている。
f0200402_05100170.jpg
夕張鉄道線(北炭汽船夕張鉄道線)は野幌駅と夕張本町駅を結んだ私鉄で
石炭運搬・旅客輸送で活躍したが1975年(昭和50年)に廃止されている。

f0200402_18012791.jpg
再度、高松ズリ山。橋梁からトンネル、ズリ山の形といいとても魅力的。
石炭の歴史村もいいが、炭住跡や廃鉱、ズリ山を巡るフットパスなどがあれば
さらに魅力的なコンテンツになるような気がするのだが...
「面白い」という表現は、炭鉱事故も起きていますので不謹慎でした。




by tafu-r | 2010-02-14 20:23 | 夕張山地 | Comments(0)
<< 久しぶりに日高が見たくて  穂... 北広山(島松山)  2010.... >>