人気ブログランキング |

ふくろう山 291.4m(当別町 三等三角点「十万坪」) 2019.3.18

f0200402_08362728.jpg
3月18日はふくろう山へ。当別ダムの横にある双耳峰の超低山で、北側のピークに
三等三角点「十万坪」291.4m が設置されている。少し前にSさんが登られて
南側のピークに「ふくろう山」の標識があったとBBSにアップされていた。
5年前に訪れた時は樺戸山地が見えなかったのでいつか再訪しようと思っていたが、
山名が付けられたということで、GO
f0200402_08374037.jpg
下山後は当別町にかつてあった簡易軌道の跡をめぐる。




More
# by tafu-r | 2019-03-24 08:51 | 増毛・樺戸山地 | Comments(0)

クリムト 正方形

f0200402_09230271.jpg
晩秋のブナの森。落ち葉を踏みしめ蹴散らし、心ゆくまで歩きまわる。
f0200402_09232920.jpg
森を抜けると、さざ波きらめく湖畔へ。岸辺で日が暮れるまでたたずむ。
そんな優雅な半日を過ごしてみたい。ボーっと生きてんじゃねーよと突っ込まれそうだが。

写真は購入したクリムトの絵画「ブナの森Ⅰ」と「アッター湖」。映り込みを避けるため、斜め45°から撮影して補正。
上下のトリミングと歪曲があります。色合いは届いた物になるべく近づけていますが、本物を見たことが無いので
ご了承下さい。

基本的に馬鹿なので、うんちくを傾けて墓穴を掘りそうですが、少し語りますw

絵画は子供の頃から好きで、構図や色使いが写真の参考にもなるのでよく見るようにしている。
クリムトといえばちょっとサイケでキラキラの妖艶な女性画が好きだが、平穏な風景画にはもっと惹かれる。
風景画はクリムトにとって骨休めに過ぎなかったかもしれないが、印象派やキュビズムの影響を受けながら
非常に緻密に描かれている。そしてそのほとんどが正方形のキャンバスで描かれている。

写真で正方形と言えば、今の若い人がインスタなどで慣れ親しんでいるフォーマット。おっさんにとっては
6×6の中判が思い浮かぶ。今となってはデジカメで1:1の画像サイズとか簡単にセレクトできたりする。

若い頃は前田真三に憧れていつかはハッセルでとか思っていたが、勤め始めた若造が買えるはずもない。
なんとか購入したEOS5QDに背伸びしてRVPを詰めて美瑛の丘を撮ってみたりした。しかしまったく撮れなくて
カメラを放り出して丘にも行かなくなった。

3:2でそんなんだから正方形はまったく歯が立たないだろう。縦も横もない正方形はセンスが非常に問われる。
前田真三のような洒落た写真はどうしたら撮れるのだろうか。
一方クリムトは望遠レンズで覗いたような平面的で圧縮された描写をしながら、見事な構図とフレーミングで
広がりや奥行きを想像させる。時の流れを超えて永遠を感じさせるものもある。

クリムト曰く「この画枠を用いると、素材は平和な雰囲気のなかに沈潜する。かくして正方形の絵画は
宇宙の一部となる」

写真は引き算をしながら比較的短時間を切り取るが、クリムトの風景画は大きい時空を切り取って圧縮している
かのようだ。圧縮するには、縦も横もない世界が良いということか。
f0200402_22354977.jpg
f0200402_22360227.jpg
貧乏人に絵画の複製は無理なので、ポスターのような印刷画を購入。紙ではなくキャンバス地に印刷された
プリキャンバスというもので、油彩のタッチが少しだけ感じられる。期待はしていなかったが、ちょっと感動した。


参考文献
 クリムト (アート・ライブラリー)                (著)キャサリン ディーン
 クリムト (タッシェン・ニュー・ベーシック・アート・シリーズ)  (著)ジル ネレー
  



# by tafu-r | 2018-12-03 22:54 | その他 | Comments(0)

南空知の秋点描  2018.10月

f0200402_20260382.jpg
長官山北部から昇る朝日。
f0200402_20261989.jpg
とある茶店の
f0200402_20303635.jpg
蔦の紅葉。
f0200402_20310295.jpg
プロパンガスが惜しい。右手にフットパスの標識。
f0200402_20314127.jpg
蔦つながりで、少し離れた場所の防風林で見かけた紅葉。
f0200402_20493632.jpg
まだ日が入らない暗い防風林内で見かけたカエデ。
f0200402_20315443.jpg
庭ではツツジが狂い咲き。
f0200402_20321278.jpg
配管萌え~  フル稼働の?穀類乾燥調整貯蔵施設。
f0200402_20323161.jpg
配管の近くから望む恵庭岳。右手に丹鳴岳。
左手に徳舜・ホロホロの頭がちらっと見えている。
f0200402_07250368.jpg
手前にはイチャンコッペと島松山(北広山)。




# by tafu-r | 2018-10-22 20:38 | 空知 | Comments(0)

移ろい   2018.9月

f0200402_05205798.jpg
9月下旬に稲刈りが始まった。稲に関しては台風の影響はさほど無かったようだ。
作況指数は不良だが、素人目には分からない。

身内が鬼籍に入り、自分はこの地を離れることになった。思い出にスナップを少々。
f0200402_05214115.jpg
石狩川の旧河道(現ラウネ川)。
f0200402_05222832.jpg
忘れられた様な吊橋。渡った先には、
f0200402_05230368.jpg
旧滝川火力発電所。現在は北電の研修施設となっている。
往時は函館本線からここまで支線が伸び、空知の豊富な石炭が運び込まれた。

胆振東部地震から三日後に通りかかったが、駐車場は福井ナンバーの移動電源車や
その関係車両でいっぱいだった。遠路はるばる救援に駆けつけてくれたのだろうか。ありがたい。
f0200402_05233322.jpg
うだつが上がらない人生。先が見えないw
f0200402_05240445.jpg
石造りの立派な袖うだつ。明治~大正時代の古い写真にも登場する歴史ある建物。
中川かなもの店はこの春閉店してしまった。
f0200402_05243444.jpg
こちらもうだつ?
f0200402_05251035.jpg
地震の影響か老朽化なのか、ひび割れが目立つ。隣の石造りの建物にも大きなひび割れが見られた。
f0200402_05254007.jpg
上部は不揃いのレンガを積んでモルタルで覆っている。
f0200402_05261898.jpg
金滴さんも色々ありました。頑張って欲しいです。禁酒中なので消費の面では応援できませんがw
f0200402_05295753.jpg
時代は一気に飛んで、現代のレンガ建築のファクトリー。8年前に撮影。
f0200402_05302798.jpg
ソメスサドルの風見馬とピンネシリ。最近ここで早朝に白い虹を見たが、
カメラを持っていなかった。残念。
f0200402_05311489.jpg
こちらは岩瀬牧場の風見牛。新店舗がオープンしたようですね。
f0200402_05312983.jpg
最後は江部乙神社へ。南参道の立派な鳥居から進むとオオウバユリがお出迎え。
古くは右手に西向きの拝殿・本殿があったようだ。
f0200402_05314053.jpg
西参道には古い小さめの鳥居。トタン?で覆っているのだろうか。珍しい。
碍子は何のためだろうか。
f0200402_05320362.jpg
にこやかに出迎える狛犬。番犬の用を成していない。
f0200402_05324015.jpg
こちらは口を結んで微笑んで。
f0200402_05325478.jpg
余震が怖いですが、この秋から南空知へ移住。馬追丘陵がホームグラウンドになりそうです。

災害が多かった一年。ちょっと早いですが、来年は笑顔で過ごせますように。






# by tafu-r | 2018-09-30 05:40 | 空知 | Comments(0)

奈井江山(三等三角点 奈井江町) 2018.3.31

f0200402_07161891.jpg
近場の大規模伐採シリーズ第二弾。山頂は奥の丸いピーク。
f0200402_07182965.jpg
黄砂なのか霞がひどく、右手に見えるはずの暑寒別岳はぼんやり。
奈井江三角山や爾波山を裏側から見るのは新鮮。
f0200402_07274484.jpg
近づく山頂。
f0200402_20571954.jpg
3月31日は奈井江町と上砂川町の境界に位置する無名の低山 519.9m へ。山頂には三等三角点「奈井江山」が設置されている。
この山の西側は、10年以上?前から大規模に伐採されていて目立っていた。眺めを期待して登ってみることに。

写真は石狩川に架かる奈井江大橋の右岸たもとから眺める奈井江山。
奥に美唄山。手前の低山は奈井江三角山で、ほぼ東西に一直線上に並ぶ。


More
# by tafu-r | 2018-04-01 07:34 | 空知 | Comments(0)

盤渓曹津地 (三等三角点  新十津川町  そっち岳) 2018.3.21

f0200402_19320089.jpg
三角点ピークへ。
f0200402_19323846.jpg
北空知から中空知の大パノラマが広がる。
遠景は表大雪から十勝岳連峰。
f0200402_19412681.jpg
増毛山地が見える所もありました。
f0200402_20312107.jpg
3月21日(春分の日)は近場のお手軽三角点へ。
新十津川町のそっち岳スキー場がある山には、三等三角点「盤渓曹津地」(バンケイソツチ 494.86m)
が設置されている。山名はスキー場名から「そっち岳」と思われるが、地形図上は無名。
地元の人はこの山を「そっち岳」と言うのだろうか。

写真は徳富川河畔から見るそっち岳。左手にピンネ、マチネ。右手奥の大きい山には辺止釣運瓶(三等三角点 795.66m)
がある。河畔林で見えにくいが、徳富川に架かる橋梁は札沼線の遺構。かつて石狩沼田まで行き来したSLは、
この橋梁を渡っていたのだろう。





More
# by tafu-r | 2018-03-21 19:43 | 増毛・樺戸山地 | Comments(0)