<   2010年 05月 ( 5 )   > この月の画像一覧

朝陽山(層雲峡パノラマ台登山口より)  2010.5.23

f0200402_12182045.jpg

黒岳と烏帽子岳。

f0200402_12352893.jpg

層雲峡園地対岸からパノラマ台を見上げる。
5月23日は層雲峡の朝陽山へ。

f0200402_131281.jpg

鹿の糞が多い登山道はもう雪が無く、急斜面をジグザグ登りひと汗かいてパノラマ台へ。
残雪が非常に多い表大雪。遅くまでスキーが、そして高山植物は長く楽しめるかもしれない。

f0200402_1313461.jpg

黒岳のシュプール。登山者が見える。
この後、急にガスがかかってきて、早く山頂へとペースアップ。


More
[PR]
by tafu-r | 2010-05-24 21:39 | 北大雪 | Comments(4)

突角山~パンケトウ・ペンケトウ  2010.5.16

f0200402_20305115.jpg

パンケトウから眺める表大雪。右手奥には突角山。

f0200402_12582541.jpg

5月16日は5年ぶりに上川三山のひとつ、突角山へ。往復だけでは物足りないので、
北部にある沼パンケトウ・ペンケトウまで足を延ばしてみた。
写真は5年前の5月14日に撮影した突角山。今回は意外にも5年前より雪が少なく
多少の藪漕ぎ覚悟で。

f0200402_13392767.jpg

上川町越路から二十七線沢沿いの林道に入る。・386の分岐手前から残雪があり
400m程手前で車をデポ。分岐を右に入るとすぐに日暮沢林道と書かれた真新しい標識がある。
日暮沢は一つ南側の沢であるが、林道が源頭に向かっているのでこの名前なのかもしれない。
・386の手前で山菜取りの車が亀の子状態。雪をかいて押しても動かず、
非力な愛車インプで牽引してもビクともせず。結局、知り合いに連絡すると、すぐに
大型四駆がかけつけ、あっさりと引っ張り出す^^; はじめから呼んでくれよ~~
無駄な時間と体力を消耗して、そそくさと準備していると、先ほどの山菜氏曰く
「林道ヘアピンにある滝周辺で、銀色の熊がうろついているので注意せよ」とありがたい?
情報に熊スプレーをセット。ホイッスルを吹きながら進む。
幸い熊の足跡もなく滝のヘアピンを通過し、標高520m で左手植林地(南西尾根)へ適当に取り付く。
f0200402_13592249.jpg

雪解けが進み、残雪をつなぎながら進む部分もあるが、藪漕ぎする場面は無かった。


More
[PR]
by tafu-r | 2010-05-16 22:23 | 北見山地 | Comments(0)

ヒメギフチョウの産卵  嵐山公園(鷹栖町/旭川市)  2010.5.5

f0200402_21325250.jpg

宝石のような卵。

f0200402_21332198.jpg

幸運にも産卵する様子を見ることができました。

f0200402_20251637.jpg

5月5日は旭川市郊外の嵐山公園へ。
ヒメギフチョウが見られたらいいなと、軽い気持ちで訪れましたが、

f0200402_221199.jpg

あちこちで見られて望外の喜び。写真はだめでしたが...
おかげで中望遠マクロが欲しくなっちゃいました。
[PR]
by tafu-r | 2010-05-05 21:43 | 上川 | Comments(0)

遅い開花  突哨山(カタクリ広場~扇の沢口~扇の沢ルート~突哨山口折り返し、カタクリ広場口)   2010.5.3

f0200402_17444229.jpg

5月3日は突哨山、復活した扇の沢ルートへ。
分岐部には扇の沢ルートの表示があり、しっかり整備されていましたので歩いてみました。
写真のみ少しアップします。

f0200402_1872685.jpg

カタクリはまだまだ蕾が多く、フクジュソウやエゾエンゴサクが見頃。

f0200402_20385624.jpg

エゾライチョウに会えました。

More
[PR]
by tafu-r | 2010-05-03 19:44 | 上川 | Comments(2)

静かな天塩山地  相雲内岳  2010.5.2

f0200402_20581341.jpg

貸切、ひと気なく...寂寥感が心地良い。病んでますw

f0200402_1304751.jpg

5月2日は幌加内町の相雲内岳へ。天塩山地の展望台のひとつとして、
以前から登ってみたい山だった。写真は丸山(士別市)から見た相雲内岳。

f0200402_5421262.jpg

摺鉢山南側にある覆道の幌加内側に駐車スペースを見つけ、沢地形を北へ。
左手 ・465 のコブの右側を緩やかに登って行く。残雪多く渡渉の心配は無い。
セキセツの沢から南尾根に取り付くルートも考えられるが、Google Earthを見てみる
と南尾根末端は雪崩斜面または土砂崩壊斜面のようだ。実際国道から覗くと土壁が見えて、
状況は良くない感じだった。

More
[PR]
by tafu-r | 2010-05-02 20:59 | 天塩山地 | Comments(0)