主夕張(三等三角点)  2013.4.21

f0200402_2334535.jpg

山頂(右手)を望む。

f0200402_23341360.jpg

山頂へ。

f0200402_22395622.jpg

水没を待つ鹿島地区。



f0200402_231518.jpg

4月21日は大夕張(夕張市鹿島)の三等三角点「主夕張(しゅゆうばり)」849.59m へ。
点名はshi・yupar(シ・ユーパロ→シューパロ)の意味である「主たる夕張川」(夕張川本流)
からと思われる。
この山は地図がガイドチームさんのHPで登られた事を知り、大夕張についてはこちらのサイトへの
紹介がある。かつてこの山は標高から「八百五十」と呼ばれ、小学校のスキー学習や遠足で登られて
中腹にはヒュッテがあったそうだ。その山頂の眺めから、是非登ってみたいと思っていた。
写真は前岳中腹の望岳台から見る「八百五十」。

「八百五十」については、上記のサイト「思い出帖」から「自然」へ入ると項目があり
スキー登山等の思い出が綴られている。

f0200402_230088.jpg

ルートは・419 がある南東側の尾根から。尾根末端から山頂方面を見上げる。
山頂は見えていない。正面の沢地形は「宝の沢」。

f0200402_2365992.jpg

見えているのは山頂から南の稜線で、右手の斜面から稜線に上がった。

f0200402_2372550.jpg

付近はシューパロダム建設のため付け替え国道に切り替わっており、旧国道は工事車両のみの通行と
なっている。車は路上駐車となるが、ガードレールが切れている所にわずかなスペースがあって、
なんとか路側帯に納める事ができた。そこには以前の地形図に見られる学校裏手から尾根に上がる道があり、

f0200402_2374360.jpg

反対側の旧国道側に下りて行くと、夕張市立鹿島小学校跡地と記念碑があった。

f0200402_2375552.jpg

「ふる里 大夕張の碑」と

f0200402_238871.jpg

鹿島小学校・中学校の記念碑。このあたりは二十数年前に何度か通りかかったことがあるが、
ちょっとした集落だった記憶がある。今は無人で当時の建造物は川に架かる古い橋のみである。
これらの記念碑は水没を免れるのだろうか。

f0200402_2382328.jpg

学校のグラウンドから山頂方面を。ここからも山頂は見えない。手前は・419 尾根で右手にスキー場があったらしい。
かつての「八百五十」へのルートは、この・419 尾根伝いか「宝の沢」をたどるものだったらしい。

f0200402_2383986.jpg

尾根に上がる道へ入り、一度ジグを切ると平坦な広場となる。浄水場と大夕張神社の跡地と思われ
北側には炭鉱の象徴、ズリ山が望まれる。

f0200402_2385412.jpg

尾根の様子。左手が宝の沢でやや深く急峻。尾根上は小さなアップダウンが結構ある。

f0200402_2395043.jpg

少し登っていくと、こちらに向かって尾根を降りてくる熊の足跡が。ここから宝の沢へ崖のような急斜面を
降りていっている。

f0200402_23107100.jpg

しばらく熊の足跡を見ながら進み、右手から来る作業道に出合う。作業道はいい具合に作られており効率が良い。
熊さんも作業道を利用している。

f0200402_23102324.jpg

そのうち山頂南側の崖マークの稜線が見えてきて、

f0200402_23105099.jpg

夕張山地主稜線も見えてきた。見上げる芦別岳、シューパロ岳、中岳はガスが取れてきて
山頂からの眺望への期待が高まる。

f0200402_23112736.jpg

熊は分岐する北側の作業道から上がって来ていて足跡とは別れる。二度ほど急斜面を上がると
標高 650m 付近から緩やかな疎林の尾根となり、

f0200402_23115183.jpg

770ポコと山頂が見えてくる。かつてあったヒュッテはこの辺りにあったのだろうか。

f0200402_23122270.jpg

770ポコに上がると、稜線へ上がる急斜面と尖った山頂がドーンと現れる。正面の急斜面にはいたる所に亀裂が
入って、稜線は細そうで雪庇は大きい。果たしてへっぽこハイカーに登れるだろうか。もちろん厳冬期は無理だろう。
小中学生にも、ちと厳しいのではないだろうか。意を決して右端の木立の中を登って行く。雪面は柔らかくツボで
キックが良く効く。二日後に登ったSさんの報告ではここを熊が登った足跡があったそう。何しに登って来るのでしょうか。

f0200402_23132167.jpg

稜線間近で山頂を。雪庇は発達しておらず容易に稜線に上がれたが、

f0200402_23134225.jpg

山頂側は細い稜線に大きな雪庇。亀裂があってかなり怖い。南側も細く険しい稜線が続いていた。
写真は山頂直下。

f0200402_2327031.jpg

狭い山頂は高度感たっぷり。東側の眺めは遮る物がなく、夕張山地主稜線の眺めは近くて素晴らしい。
雪庇に注意しながらダメ写真量産。

f0200402_22561376.jpg

シューパロ岳と芦別岳。

f0200402_22553361.jpg

屹立する中岳。

f0200402_23173434.jpg

夕張マッターホルン。

f0200402_23175815.jpg

前岳と夕張岳。

f0200402_23255491.jpg

滝ノ沢岳と前岳。登山道のある尾根と沢地形が見える。
他には中天狗、小天狗、崕山や幾春別岳などが良く見え、西側は樹林越しになるが冷水山や三等点「本流越」、
北西には樺戸山地、南東に日高山脈が望めた。幌向岳はほとんど見えなかった。
眼下の大夕張と蛇行する夕張川はこれで見納め。次回があれば広がるダム湖と夕張山地を目にする事になる。

f0200402_2329919.jpg

慎重に往路を下山した後は、産業遺産の一部である廃橋巡り。まずは上流にある小巻沢林道橋へ。
重構桁といって軍用組立式の橋らしい。

f0200402_23293137.jpg

林道用の橋なので路盤代わりにレールが敷き詰められている。肝心のレールにピントが来ておらずトホホ。
重構桁鉄道橋は現在のシューパロ湖対岸にも見られるが、水没を免れる可能性があるのはこの橋のみだそう。
だが、橋脚が浮いているように見えて先は長くないような気がする。

f0200402_23295281.jpg

次は旭沢橋梁へ。付け替え国道の緑橋から旧国道橋の横に錆付いた鋼橋が見える。右手は夕張岳登山口に向かう
建設中の新しい橋。水没する白銀橋に替わる登山者のためだけの橋と言えるが、建設費はどんだけ~
数年前に旧国道橋から撮影したことがあるが、近すぎて全容を納めるには超広角レンズが必要と悟る。

f0200402_234019.jpg

非常に珍しい構造だそうで、かつての大夕張鉄道にはこの構造の橋が6橋架かっていたらしい。

f0200402_23402058.jpg

現在は雪のあるうちに緑橋から降りて近づけるが、自己責任でどうぞということになる。

f0200402_23403991.jpg

最後はダム建設のため作られダム建設よって沈む三弦橋。現在は付け替え国道にトンネルができて、
近くから見ることはできない。

f0200402_23405912.jpg

ダム完成後には付近にダム展望台などができるかもしれないが、豪雪地帯故に渇水などありようもなく、
水没する三弦橋には二度とお目にかかれないだろう。
[PR]
by tafu-r | 2013-04-21 19:50 | 夕張山地 | Comments(0)
<< 小平蘂岳  2013.5.19 幌糠(二等三角点)  2013... >>