ペタヌ山  2013.1.2

f0200402_2223179.jpg

山頂部を望む。

f0200402_22112356.jpg

山頂手前で、素晴らしい眺めが広がる。

f0200402_22113460.jpg

昆布岳と西昆布岳。トレースが見える。

f0200402_1144028.jpg

大岸金鉱跡へ。



f0200402_1539734.jpg

豊浦町大岸から眺めるペタヌ山。吹雪いてまったく見えなかったので、下山後に撮影。

1月2日は豊浦町のペタヌ山へ。昆布岳・西昆布岳の南に位置するが、
知っている人はほとんどいないであろうマニアックな低山。
最近Web上で山行記などを目にするようになってきた。

f0200402_15394279.jpg

ルートは大岸の小鉾岸川支流ペタヌ川沿いの林道から。
林道入口には大岸鉱山跡の説明板がある。

f0200402_15395629.jpg

吹雪の中林道を進み、高速道路下のトンネルをくぐると高速道路に沿った道がある。
ペタヌ川を渡ることができるので、南側の四等点「鳥山」含めて周回するルート取りも容易に。

f0200402_15401181.jpg

ペタヌ川上流へと進路を取ると、倒木が多くて少々荒れぎみ。
ちらっと見えた山頂部。天候は急激に回復。

f0200402_15403292.jpg

林道を詰めて実線から破線の徒歩道に変わる所に到着。
徒歩道ははっきりせず、よくわからない。
予定通り右手の尾根に取り付く。

f0200402_15405462.jpg

尾根上は積雪少なく笹を漕ぐ場面があった。

f0200402_15411734.jpg

ペタヌ川源頭部や四等点「鳥山」を眺めながら登り、

f0200402_15413564.jpg

平坦になると山頂部が現れる。右手の急斜面にはジグザグとした作業道があり、
それに沿って登ることに。

f0200402_16461656.jpg

振り返ると大岸の海岸と噴火湾が見えてきて、

f0200402_1542491.jpg

登るにつれて南西から西側の眺めが広がる。
幌扶斯山から礼文華峠方面。

f0200402_15422457.jpg

中央に金山。左手奥に丸山。右手は幌内山から続く稜線の南側。
金山は低山ながら山容が魅力的。名は金鉱からきているのだろうか。

f0200402_1543164.jpg

急斜面を登りきると稜線上の小さな台地となり、東側の眺めが素晴らしい。
尻別岳と無意根山。

f0200402_15432356.jpg

洞爺カルデラと徳舜ホロホロ。左中景に早月山。手前は平坦で農耕地となっているカルデラ西外縁。
わかりづらいが旧メジロ牧場が見えている。

f0200402_15433711.jpg

徳舜、ホロホロ、オロオロの三つのピーク。

f0200402_1544652.jpg

洞爺湖中島のトーノシケヌプリとオロフレ山。

f0200402_15441886.jpg

山頂へ。山頂直下は地形図上等高線がくっつきそうな急斜面だが、

f0200402_15443280.jpg

実際はたいした傾斜でもなく、難なく登ることができた。

f0200402_15445242.jpg

山頂右手のダケカンバには、本貫気別と同じ青いプレートの山頂標識。
二等点名は「辺多奴」。点の記での読みはpetanuではなくbetanuとなっている。
北東側にベタヌ川やベタヌ別川があるが、由来は同じなのであろう。
私有地のようであるが(汗)、一応何も無さそうな藪山。

f0200402_15451820.jpg

山頂から有珠山や

f0200402_154545100.jpg

室蘭岳から絵鞆半島の眺め。

f0200402_154614.jpg

北側の眺めは樹林に阻まれ良くないが、北東側に向かうとなんとか昆布岳・西昆布岳が見える所があった。
左端の三等点「西昆布」に登山者が見える。

f0200402_15462764.jpg

山頂から大岸と噴火湾。正面に駒ヶ岳が見えるはずだが残念。ゆったりと大岸の海岸を眺めていると
心が落ち着く。まったく期待していなかったが、このルートは少し変化があり刻々と変わる眺めを楽しめた。

f0200402_15474151.jpg

往路を下山後は大岸鉱山跡へ寄り道。高速道路下のトンネルを出て適当に北側へ向かうと、
ホッパーの様な大きな建物が見えてくる。

f0200402_15481657.jpg

一段下がって。戦時中に閉山した金鉱跡で、製錬所跡?の建造物が斜面に沿って段々畑の様に並ぶ。

f0200402_155014.jpg

中に入れそうなボックス状の建物。

f0200402_15501598.jpg

沈殿曹かな。深いプール状になって水が溜まっているかもしれないので、絶対に踏み入らないように。

林道入口の説明板の文字は消えつつある。かすれて読みづらい部分が多い。
要約すると、、、「大正十年この地で金鉱が発見され、鉱石は小坂・日立の精錬所に送られた。
昭和十七年に豊浦精錬所が創業され活況を呈したが、戦争が激烈化しわずか一年余りで閉鎖された。」
[PR]
by tafu-r | 2013-01-04 22:14 | 胆振 | Comments(2)
Commented by mero at 2013-01-25 00:44 x
読みながら見ていると山に行った気分になれる写真ばかりです。こんなに展望できるなんて、運をおもちなんですね!ボックスのような建物は廃炉ですかね。
Commented by tafu-r at 2013-01-27 08:58
予報通りだったのですが、ここまで晴れるとはラッキーでした。吹雪いて何度も止めようと思いました。
あの建造物は同じものが並んでまして、何かの土台かもしれません。たぶん金の湿式精錬(青化法)を行っていたと思うのですが、
全体的に複雑な構造でとても興味深い遺構でした。
<< 夕暮れの樺戸山地  南下徳富駅... 源太穴火口・義経岩  2012... >>