十梨別(三等三角点)  2012.4.14

f0200402_21151724.jpg

小夕張岳と夕張岳。

f0200402_20562383.jpg

1146峰と夕張マッターホルン。樹林の間からなんとか。

f0200402_11492713.jpg

鉢盛山。いづれも山頂以外の場所から^^;

f0200402_653358.jpg

4月14日は南富良野町金山の三等点「十梨別」 771.1m へ。
夕張岳金山コースの玄関口、金山十梨別地区にある低山で
夕張山地の展望狙いで訪れた。展望なら近くの三等点「金山」の方が良さそうだが、
車道とアンテナのあるピークは味気ないので、いつか何かのついでに。



f0200402_6533977.jpg

夕張岳から見る十梨別(三等点)。西側は密林状態でパノラマは期待できそうもない。

f0200402_6565526.jpg

隣の小ピークと吉凶岳。小ピークには四等点「一号橋」があり、山腹に道が見える。
下山時は十梨別(三等点)のひとつ西側の尾根を辿り、この道を下って一回りする事に。

f0200402_6571691.jpg

除雪は最終人家まで。正面に吉凶岳を見ながらのんびりと歩き出す。
スキーとソリのトレースがあった。

f0200402_657311.jpg

少し歩いて十無別川一号橋を渡る。

f0200402_657404.jpg

橋の上から見る十梨別(三等点)。

f0200402_6575155.jpg

橋を渡って右手に分岐する林道に入る。四等点「一号橋」に向かう林道で
陽炎沢歩道と書かれた標識があった。

f0200402_6585228.jpg

沢地形で林道が左手に曲がって行く所から、正面の・492 のある尾根に取り付く。

f0200402_11152440.jpg

見通しの利かない緩やかな登りは、550mを過ぎてかなりの急斜面となる。
雪が緩んでスノーシューでもズボズボ埋まりながらの急登は辛い。

f0200402_6593297.jpg

やっとの思いで平らな山頂部へ。右手東側は時折視界が開け

f0200402_119930.jpg

ニペソツ・丸山が見えたりするが、やはり西側は樹林に遮られ眺めはすっきりとしない。

f0200402_701454.jpg

山頂へ。

f0200402_702772.jpg

振り返って金山ダム方面や北日高の眺め。

f0200402_704148.jpg

残念ながら山頂からも西側の眺めは不良。夕張山地のパノラマが樹林越しに
ちらちら見えるのは悩ましい。奥に凄い眺めが拡がっているのに...

f0200402_713252.jpg

東側はまずまずの眺め。金山ダムと奥に真っ白なトマム山。

f0200402_714685.jpg

社満射岳と手前に三等点「金山」。左奥は狩勝山。

f0200402_72195.jpg

十勝岳連峰。

f0200402_731398.jpg

しょうがないので山頂から西側へ急斜面を下りていくと、皮肉にも北西・南西方向
の視界が良くなる。右手の尖がったピークは前岳。

f0200402_734049.jpg

芦別岳、ポントナシベツ岳から鉢盛山までなんとか見えた。

f0200402_7402256.jpg

荒々しい鉢盛山の南東尾根。

f0200402_742762.jpg

西側の尾根とのコル付近で老根別山や

f0200402_743977.jpg

吉凶岳が見える。

f0200402_745511.jpg

十梨別(三等点)を振り返る。

f0200402_755760.jpg

少し登って西側の尾根に上がるが、こちらも同様に樹林が切れる所は無く視界不良。
夕張マッターホルンがちらちら見えていて何とももどかしい。
尾根を南に進み北日高がすっきり見えて、

f0200402_761646.jpg

少し下って四等点「一号橋」へ。林道がここまで来ている。

f0200402_763476.jpg

登ってきた十梨別南面の急斜面が見えて

f0200402_765099.jpg

三角点から林道を下る。見下ろす十無別川一号橋は立派なアーチ橋だった。
[PR]
by tafu-r | 2012-04-14 21:00 | 夕張山地 | Comments(0)
<< 霧立沼  2012.4.15 留久山  2012.4.8 >>