残雪の大雪高原温泉沼めぐり  2011.6.26

f0200402_1365665.jpg

6月26日は、この時期初めての大雪高原沼めぐり。
紅葉シーズンは極上の景観を見せてくれる大雪高原沼。今回は姿を現し始めた沼々をめぐり、
今の時期以外はほとんど通行できない三笠新道から高根ヶ原に上がってみた。
写真は高原沼と緑岳。

f0200402_21591311.jpg

まずは大雪高原温泉のヒグマ情報センターで入山受付。今年は雪解け遅く餌が少ないため、
まだ熊は見られないとのこと。左回りから一周できるそうで、三笠新道もOK。
コース全般にピンクテープが設置されているが、三笠新道には特に案内無し。
ヤンベタップ沢沿いの渡渉ポイントと三笠新道の写真があり、それを見ながら
注意点などの説明を受ける。他の季節と同様に7時から13時まで受付、15時までに下山。
食事は緑ノ沼と高原沼のみとなっている。
歩き始めて間もなく右に左に続くミズバショウの群落と新緑が素晴らしい。

f0200402_2254532.jpg

ヤンベ温泉の橋は崩れているが通行に問題ない。

f0200402_226689.jpg

左岸上部の蒸気。

f0200402_2262936.jpg

ヤンベ分岐を過ぎてからは雪上歩き。

f0200402_2264225.jpg

雪に埋もれた橋を慎重に渡り、

f0200402_2274217.jpg

視界が開けて白雲岳と緑岳を見ると、いよいよ沼めぐりが始まる。

f0200402_22134418.jpg

まずは土俵沼。まだ沼は現れていない。沼がないと絵にならないので、

f0200402_22214994.jpg

秋の様子を。数年前のコンデジ撮影のため画質はご容赦。



f0200402_22265485.jpg

次は、前方やや左手に融け始めたバショウ沼。
右手に入ってすぐに、

f0200402_13361162.jpg

滝見沼。力不足。冴えない写真で

f0200402_22315347.jpg

秋の写真でごまかす。こちらも良くないが...

f0200402_13284390.jpg

ちょっと進んで緑ノ沼。周りのアカエゾマツになかなか日が差さず、待てずに次へ。

f0200402_2235581.jpg

秋の緑ノ沼。

f0200402_1426574.jpg

沢沿いを登っていくと、

f0200402_20272334.jpg

湯ノ沼手前の橋。

f0200402_2237251.jpg

湯ノ沼。

f0200402_22375727.jpg

エゾイチゲやヤチブキを見ながら沢沿いを進んで、鴨沼。
だんだん雲が多くなり日が陰りがちに。せっかくの新緑が残念。
ここから淵無し沼へ行くのを忘れてしまった。

f0200402_22441454.jpg

秋は高根ヶ原の崖が見事な背景となる。

f0200402_22451477.jpg

少し登って、エゾ沼に入っていく。ちょっと高い所をトラバースして

f0200402_2251830.jpg

見下ろしながら進み、

f0200402_22512640.jpg

振り返って緑岳とエゾ沼。秋とは異なり視界が広い。

f0200402_2246012.jpg

別名は三角沼で、残雪期はその名がぴったり。

f0200402_2254299.jpg

秋の様子。

f0200402_1343265.jpg

すぐ上に式部沼。僅かに見せ始めた水面はエメラルドグリーンで美しい。

f0200402_22525759.jpg

秋の式部沼。

f0200402_22544420.jpg

ここから見る高根ヶ原の稜線。

f0200402_2381594.jpg

秋の稜線。

f0200402_22553010.jpg

三笠新道を登る先行者が見える。

f0200402_16342487.jpg

大学沼はやっと融け始めたばかり。落石が多い。

f0200402_23101479.jpg

秋の大学沼。

f0200402_20412879.jpg

少し登って高原沼へ。

f0200402_22581446.jpg

秋の高原沼。

f0200402_23123872.jpg

高根ヶ原からの崖はなかなかの迫力。すぐに上に上がれそうだが、
監視員さんもいらっしゃるので、

f0200402_23125522.jpg

三笠新道へ。

f0200402_23131989.jpg

分岐あたりで空沼。

f0200402_23133822.jpg

標高は高いがこの辺りでは一番融けていて、ほぼ輪郭を現してる。

f0200402_23175057.jpg

上部の雪庇を見ながら適当にトラバース。張り出す尾根上のブッシュを超えて
北側に出ると、まだ硬い急斜面。

f0200402_23243587.jpg

斜度が緩むと白雲岳が見えてきて、ハイマツが覆い被さる夏道に入る。

f0200402_2325586.jpg

高根ヶ原分岐と後旭岳が見えてくると、エゾコザクラが両脇に咲いているが下り坂。

f0200402_23252840.jpg

旭岳と後旭岳。花は遅れていて、

f0200402_23262234.jpg

見頃なのはイワウメ、ミネズオウぐらい。キバナシャクナゲは終わり。

f0200402_2327113.jpg

チングルマやミヤマキンバイはこれからで、

f0200402_23271898.jpg

ホソバウルップソウやコマクサまだまだだった。

f0200402_23294837.jpg

沼々を俯瞰。左手エゾ沼から式部沼、わかりづらいが大学沼、
手前に高原沼。

f0200402_23291140.jpg

トムラ、忠別岳を眺めながら小休止。15時まで下山のため時間が無く、
ゆっくりと花を見ることはできなかった。

f0200402_23305256.jpg

三笠新道を下りながら空沼を俯瞰。

f0200402_23312161.jpg

さらに下りて急斜面になると、登りでは無かった熊の足跡が。わりと小さくて若い個体かも知れない。
さっさと降りてしまいたいところだが、キックが決まらない所もあって慎重に。
こんな急斜面の雪渓を登ったりトラバースしたりと凄い行動力。監視員さんは望遠鏡で
一部始終見ていたそうで、撮られた熊の写真を見せていただく。

f0200402_2332226.jpg

空沼分岐まで下りてくると、高根ヶ原から高原沼あたりに滑り降りるシュプールがあった。
空沼から右回りコースを下山。

f0200402_23331647.jpg

振り返って。

f0200402_234786.jpg

秋は名前のとおり空になって。

f0200402_2335055.jpg

雪壁温泉あたりから沢へ向かって下っていく。沢沿いは夏道が出ているが、
後半はピンクテープが無ければルートはまったく分からない状態だった。

f0200402_23352733.jpg

流れ落ちる沢にヤチブキが多く咲く所があり、目を奪われる。

f0200402_23355351.jpg

キバナノコマノツメやエゾイワハタザオを見ながら沢沿いを下り、ヤンベ温泉へ。
[PR]
by tafu-r | 2011-06-27 22:10 | 表大雪 | Comments(8)
Commented by goemon-mon at 2011-07-01 00:22
はじめまして goemon-mon と申します
いつも 写真がたのしみでチェックさせていただいてます
先日高原温泉登山口 ネイチャーセンター付近ですれ違いました
カメラ 三脚 満載で 沼めぐりするんだな??? と 横目で見ていました・・
これからも 楽しみにしています
Commented by tafu-r at 2011-07-02 18:30
goemon-mon さん、はじめまして。コメントありがとうございます。
ブログ拝見いたしました。当日は緑岳に登られたんですね!
お恥ずかしい格好を見られたようで、三脚は持っていませんでしたが
ストックをザックに付けてまして、ウエストの他に胸にもカメラバッグを
付けて、とんでもない格好をしていたのが私です。
あこがれのフルサイズと共にたくさん登ってらっしゃるんですね。
うらやましいです。緑岳から小泉岳までは屈指のフラワーロードですから
是非また訪れてみてください。
こちらは恥ずかしい写真ばかりの過疎ブログですが、リンクさせてください。
ハンドルは猫ちゃんの名前からきてるんですね? 猫大好きなので登場
期待しています。
Commented by goemon-mon at 2011-07-03 21:46
ありがとうございました。ブログを見ていただけたんですね
実は このブログかみさんも知らないのです
恥ずかしいかぎりです
フルサイズも何もわからず 勧められるまま買い 持ってるだけで まさに 宝の持ちくされ!!! です まったく勉強もしないので 何の進歩もありません
ただでさえ 遅い山行も 意地だけで 持ち歩いています
芦別岳に行って来ました 暑さでヘロヘロ 3リットルの水もなくなり 苦しかったです ネコ達は 今年17才の じーじとバーバです いつか UPします
また すてきな写真みせてください 楽しみにしています
Commented by goemon-mon at 2011-07-05 23:02
goemon-monです
僕もリンクさせて頂いてよろしいでしょうか??
色々 写真教えてください
Commented by tafu-r at 2011-07-05 23:28
芦別岳見ましたよ。新道往復ただでさえキツイですが、
天気良すぎましたね。
11年前に旧道から登った事がありましたが、やはり7時間
かかりました。同じく暑い日で日帰り登山では一番厳しい山行でした。
「一気飲み・・・生きてる!!!」 ・・・最高ですね。
写真はピンボケ量産ダメダメで教えるなんてめっそうもないです。
お互い良い写真が撮れるよう楽しみましょう。
こちらもリンクお願いします。
Commented by goemon-mon at 2011-07-12 00:21
goemondesu
やはり すばらしいです あこがれです
 
全工程で何時間ですか?
三笠新道・・・恐そうです 
また週末は天候がよくないですね 連休晴れてほしいです
Commented by tafu-r at 2011-07-13 17:32
週末また天気悪そうでほんと残念ですね。
かなりゆっくり撮影しながらでしたので、8時前に歩き始めて、
戻ってきたのが14時45分頃とギリギリでした。沼巡り一周だけなら
ガイドブックでは3時間となっています。三笠新道はそろそろ通行止め
になるかもしれません。もし通れるなら緑岳まで行くのもよいのでは
ないでしょうか。降りなくてもよいし時間制限もありませんですし。
クマスプレーは必携だと思います。
Commented by goemon-mon at 2011-07-14 01:01
了解です 熊スプレー持って無いんですよー・・・1万円ですか
一人歩きが 多いので気になってはいますが・・・
<< 道北のプチ秘境へ  ピヤシリ湿... オロフレ山・フンベ山  201... >>