「ほっ」と。キャンペーン

和寒山の天測点・子午線標  2011.4.9

f0200402_2127593.jpg

思った位置よりも東側に。

f0200402_21281694.jpg

完全にあきらめて...空洞が!!

f0200402_21581298.jpg

山頂から望む三頭山と幌加内坊主山。

4月9日は和寒山へ。一等三角点と反射板があるこの山はかなり以前から知っていたが、
目立たぬ山容からか天測点の存在を知ってからもあまり登りたいとは思わなかった。
しかし対となる子午線標の存在を知ると俄然興味が湧いてきて、特に子午線標には
是非お目にかかりたいと思っていた。

f0200402_220695.jpg

子午線標は和寒山から南側 ・636 ピークの和寒町と比布町の境界近くにある。無雪期は
藪漕ぎが予想されるので、容易にかつ確実に見つけるには雪が無くなる少し前の今頃に訪れるしかない。
ルートは少し違うが、Sさんの報告とたかやなぎさんの縦走探訪記を参考に訪れてみた。
写真は塩狩山から見る和寒山と636 ピーク。

f0200402_2214514.jpg

まずは塩狩駅から・505 コブのある尾根に上がり子午線標へ。その後稜線を北上して天測点を巡り
一回りすることに。駅手前の駐車場に車を停めてすぐに線路を渡り、奥に見える道に入る。

f0200402_2265465.jpg

右手には長野政雄遺徳顕彰碑と塩狩峠記念館が見える。

f0200402_227213.jpg

植林地を過ぎて高速道路手前の分岐に出ると、山頂の反射板と・700 から派生する西尾根が見える。
和寒山へ登るには左手に入り高速道路下のトンネルを使用するが、ここは右手に入り
蘭留山方面に向かう林道に入る。鹿の足跡に混じってスキーやスノーシューのトレースがあり、
付近を散策する人がいるようだ。

f0200402_2275251.jpg

南に進むと高速下のトンネルが現れ、通過してからすぐに左手へ尾根に向かって取り付く。

f0200402_22595334.jpg

尾根上には作業道があり、700 ピークを眺めながら登って行くと
すぐに・505 コブが見えてくる。コブは右手にかわして進み、

f0200402_22101533.jpg

目的のピークが見えて

f0200402_22103557.jpg

足元には熊の足跡がくっきり。

f0200402_22113129.jpg

いよいよ子午線標に向かって急斜面を登る。振り返るとピッシリ山や

f0200402_2212398.jpg

和寒山山頂とこれからたどる稜線が見えてくる。

f0200402_22123083.jpg

東には班溪山。

f0200402_22125691.jpg

登りきると融雪が進んでいて簡単に見つけられそう。しかしGPSを片手に辺りをうろうろ、
なかなか見つからない。この界隈にあるはずだが...木の切り株すべてが子午線標に
見えてくるw 

f0200402_4345497.jpg

ぴっぷスキー場と大雪を眺めて頭を冷やし、

f0200402_22141327.jpg

探していない東側へちょっとだけ降りていくと、ありました。よかった~
上部には苔が。銘板に書かれた文字は見なかったことにしようw
ここから真直ぐ和寒山に向かって降りていく。



f0200402_11584759.jpg

子午線標ピークを振り返る。

f0200402_1202726.jpg

稜線上は所々眺めが良く、子午線標付近からは於鬼頭岳や

f0200402_1205071.jpg

突角山が見える。手前に中愛別山、右に摺鉢山。

f0200402_1223115.jpg

・614 あたりでは天塩岳。左手から天塩富士、前天塩、天塩岳。

f0200402_12105882.jpg

かなり霞んでいたが増毛山地の眺めも良い。中段右端に鷹巣山。
手前に塩狩山。

f0200402_12211246.jpg

・700 を過ぎてからは広く緩やかな気持ちのいい尾根となる。
ゴキブリのトレースは残念だが。

f0200402_4593242.jpg

北側に広がる名寄盆地周辺の眺めは素晴らしく、ピヤシリ山や
遠くは函岳や鬼刺山方面を望むことができた。

f0200402_22525340.jpg

山頂の反射板が見えてきて、わくわく。

f0200402_123748100.jpg

ようやく和寒山山頂。あれ~何もない。登る山を間違ったのかw
反射板の下は草が出ていて積雪はかなり減っているはずなのに、
あれほどでかいコンクリ柱が出ていないなんて...
気を取り直して辺りを探がしまくるが雪原に亀裂や凹凸は無い。
後は当たりを付けて掘るしかないわけであるが、ゾンデは忘れ
スコップは車の中。点の記も見ていなくて、完全にナメていました。

f0200402_4182383.jpg

お手上げ状態の中、天塩山地の眺めが良いのが救い。
素晴らしい眺望をおかずに遅いランチ。

f0200402_12511516.jpg

鷹泊坊主山から三頭山まで。

f0200402_1343967.jpg

三等点尾去内川と尾留内岳。ほろたちスキー場と右手前に辺乙部山が
見えている。

f0200402_1382087.jpg

噛伊尻と冬路山方面。右下にはかなり分かりづらいが夫婦岩。

f0200402_13112672.jpg

釜尻山から小平蘂岳。

f0200402_1313115.jpg

さらに北側の稜線。

f0200402_13344687.jpg

残念ながら天測点はあきらめて下山、近いうちに再訪しようと歩きだしたところ、
ストックが埋まり浅い空洞をつらぬいた。下の方は硬い感触で石でもあるかなと思ったが、
まさかと思いつつ念のため手でまさぐると大きくて平たい。もしかして...

f0200402_13413885.jpg

夢中になって手で周りをかき出すと四角い石。でなくコンクリートが!!
十字の指標鋲と銘板の天測点の文字を確認。周りは空洞になっていたが手掘りではここまで。

f0200402_4254613.jpg

子午線標方面を望む。奥に旭山が見えて妙な位置関係。
いや~ラッキーだった。この時期ストックで突きまくるのは有効かもしれない^^;

f0200402_14361036.jpg

最後に大雪を眺めて、

f0200402_22434570.jpg

下山は北西側の・555 のある西尾根を下り、標高400mで出合う林道を南に進み
沢を渡る。高速道路に向かって西へ下りるとピンポイントでトンネルに出て終了。
[PR]
by tafu-r | 2011-04-09 21:31 | 上川 | Comments(3)
Commented by たかやなぎ at 2011-04-11 04:01 x
おおっ!
和寒山の子午線標と天測点だ!
眼福だ~!
Commented by tafu-r at 2011-04-21 22:59
コメント大変遅くなりごめんなさい。
Sさんの報告とたかやなぎさんの探訪記を参考に訪れましたが、
先に出してしまいまして申し訳ありません。
天測点は最後の最後、偶然に見つけることができました。
写真をごまかすためにアップ遅れています。誰も待っては
いないでしょうが、もう少しお待ち下さい。
Commented by たかやなぎ at 2011-04-25 12:16 x
待ってますよ~!
楽しみです。
<< 摺鉢山(幌加内町)  2011... 尻岸馬内山  2011.3.27 >>