室蘭の低山めぐり その1  シクトツ山  2011.2.12

f0200402_22493621.jpg

四等三角点「シクトツ岬」26.15m から望む赤防と稀府岳。

f0200402_17445226.jpg

二年前に測量山で案内図を見かけ、白鳥大橋展望台はシクトツ山、小学校南側の標高140mの
山は鍋島山、入江運動公園裏手の山は茶津山と記載されていた。ネットやMLで調べると遊歩道が
あって登れることが分かり、GO。

f0200402_17452286.jpg

2月12日、まずはシクトツ山へ。写真は手前からシクトツ山、鍋島山、測量山。
鍋島山、測量山はアイヌ語でそれぞれイヨシサンペ、ホシケサンペと呼ばれていたらしい。

f0200402_17454469.jpg

白鳥大橋展望台の階段を登って行くのも何なんで、奥の「いこいひろば」からスタート。
遊歩道の階段を登って行くと、



f0200402_1746998.jpg

左上にコンクリートの基礎の様な物が見えてきて、雪の付いた急斜面を登ると

f0200402_17462921.jpg

展望台と三角点。

f0200402_17464778.jpg

点名は「シクトツ岬」。昔は岬だったのか島だったのか。
周辺を埋め立てられ橋もできた現在は、以前とはかけ離れた景観なのだろう。

f0200402_17471100.jpg

対岸からぐるりと室蘭港の眺めが良く、すぐ下にはブイが並んでいた。

f0200402_17471713.jpg

早朝の製鉄所。展望台から階段を下りて鍋島山へ。

追記
シクトツ山については、デジタルアーカイブ等で古地図(明治時代)を検索すると陸繋島と思われる
地形が見られる。地名は「シクトツ岬」または「シクツシ岬」と記載されている。
また、「市政だより むろらん No.654」(昭和62.6.15)では、御前水中学教諭の寺地さんの
コラムにて以前は大黒島の弟で島だったことが解説されている。シクトツ岬(山)は地元の人に
「ぼんず山」と呼ばれているそうだ。
[PR]
by tafu-r | 2011-02-13 10:34 | 胆振 | Comments(2)
Commented by eiko at 2011-02-21 20:16 x
絵葉書ショットこれは綺麗だね~
凡人だから、こういうのが見やすいのかな?
室蘭は、仕事もろもろで良く行くけど、気付かない景色が
こんなにあるなんて・・・・。
春らしくなってきたね。
早くお花を見たいね~。
Commented by tafu-r at 2011-02-27 18:33
内容変更しましたので、絵葉書ショット^_^; は次にアップ予定の
鍋島山まで待って下さいね。鍋島山の南斜面は雪も無く、
いつ花が咲いてもおかしくない感じでしたよ。
<< 室蘭の低山めぐり その2  鍋... 早朝の胆振  2011.2.6 >>