時、すでに遅し...赤岳から緑岳方面へ  2010.6.26

f0200402_1235158.jpg

強風によろめきながら。トムラウシと緑岳。
f0200402_1150266.jpg

6月26日は数年ぶりに赤岳へ。銀泉台ヒュッテは昨年解体されたようで、
真新しい森林パトロール銀泉台事務所が建っていた。駐車場は車が少なく
がらーんとしていて拍子抜け。

f0200402_11553573.jpg

第一花園の雪渓。
登山道はまだ残雪に覆われていて、一部しか出ていない。

f0200402_1156875.jpg

第一花園をトラバース。




f0200402_11572020.jpg

雪渓は下まで繋がっていて、まだスキーができる。

f0200402_1272261.jpg

駒草平はすっかり雪が無く、雨の影響か傷んでいるコマクサが結構あった。

f0200402_1291310.jpg

ダイセツタカネヒカゲはたくさん飛んでいたが、ウスバキチョウは見る事ができず。
ちょっと遅かったようで残念。

f0200402_1294037.jpg

第三雪渓を登りきると、

f0200402_1210832.jpg

数頭のアサヒヒョウモンがひらひらと。なかなかとまってくれず苦労する。

f0200402_12554131.jpg

赤みの強いもっさりとしたエゾコザクラ。雌しべが見えないので短花柱花でしょうか。
すぐ隣には雌しべがちょっと出ている普通のエゾコザクラが咲いていた。

f0200402_12102230.jpg

第四雪渓へ。テレマーカーが登ってきて、

f0200402_1325973.jpg

赤岳山頂から旭岳と後旭岳。(下山時撮影)

f0200402_13322100.jpg

白雲岳と旭岳。小泉岳から緑岳方面へ向かう。

f0200402_1335589.jpg

6月の好天のためか稜線上の花はすでにピークを過ぎたようで、さらに2日前の雨の影響か
傷んでいる物が多く残念。しかも強風で激しく被写体ブレ ^^; まともに撮影できなかったが、
なんとかブレていない物を。 チョウノスケソウ。

f0200402_1342631.jpg

背の高い花は激しく揺れまくり、小さいホソバウルップソウをなんとか。

f0200402_1344351.jpg

葉に砂がかぶっていたがエゾタカネスミレだけはピンピンしていた。

f0200402_1351476.jpg

失意の中、下山。烏帽子岳と赤岳。黒岳の向こうにぼんやりと天塩岳が。

f0200402_1324573.jpg

第四、第三雪渓はグリセードを交えて軽快に降りていく。夏道より圧倒的に速く
膝に優しい。第三雪渓を振り返るとシュプールとスキーヤーが。

f0200402_13155828.jpg

そのうち颯爽と滑り降りてきて、アルペンスキーだった。

f0200402_1316249.jpg

駒草平では、午後になってイワブクロが咲き出していた。
[PR]
by tafu-r | 2010-06-27 13:27 | 表大雪 | Comments(0)
<< 浮島湿原でのんびりと  201... 暑さと虫の攻撃に耐えて  神居... >>