朝陽山(層雲峡パノラマ台登山口より)  2010.5.23

f0200402_12182045.jpg

黒岳と烏帽子岳。

f0200402_12352893.jpg

層雲峡園地対岸からパノラマ台を見上げる。
5月23日は層雲峡の朝陽山へ。

f0200402_131281.jpg

鹿の糞が多い登山道はもう雪が無く、急斜面をジグザグ登りひと汗かいてパノラマ台へ。
残雪が非常に多い表大雪。遅くまでスキーが、そして高山植物は長く楽しめるかもしれない。

f0200402_1313461.jpg

黒岳のシュプール。登山者が見える。
この後、急にガスがかかってきて、早く山頂へとペースアップ。




f0200402_1562248.jpg

パノラマ台への分岐を過ぎると残雪で登山道が判りづらくなるが、
赤テープがいたるところにあって迷う事はない。

f0200402_15531313.jpg

尾根に上がると雪は無く、

f0200402_163369.jpg

藪を掻き分け、通行止めの標識から雪原へ。
無雪期は背丈を越える藪で廃道となっており、特に下山の際に降り口が判りづらく危険な為、
通行止めの標識が置かれたと思われる。

f0200402_17542891.jpg

どんどん曇ってきて最悪のタイミング。奥に反射板があり、

f0200402_17545078.jpg

三角点のものと思われる標杭が、地形図どおり反射板の奥の西側にあった。
ちなみに点名は色清舞(ノシキヲマウプ)となっている。

f0200402_21511195.jpg

陽射しは少なくなってしまったが、展望を楽しむとしよう。
音更山と石狩岳。

f0200402_21514955.jpg

屏風岳はでかい。

f0200402_21522894.jpg

丸山はいつか登ってみよう。

f0200402_21571328.jpg

アンギラス。

f0200402_21372664.jpg

いちばん見たかったニセイカウシュッペと大槍、小槍。その昔あったという夏道。
鋭い稜線上を眼で追ってみる。
休んでいた女性二人にご挨拶。なんとUさん、Fさんでした。惣顔真布以来
ちょうど一年ぶりの再会にびっくり。その後、徐々に雲も取れてきて

f0200402_21563216.jpg

三角点の近くから大槍。

f0200402_215837.jpg

ろうそく岩と、沢屋さんに歩かれているだろう踏み跡(たぶん夏道)が見える。
沢屋さんはこんなとこ登ってくるんですね。凄いです。天国の階段を見てみたいが
自分には永遠に無理だろう。
[PR]
by tafu-r | 2010-05-24 21:39 | 北大雪 | Comments(4)
Commented by たかやなぎ@日高三股 at 2010-05-27 16:03 x
6月間近とは思えないほどの残雪ですよね。
楽しみにしていますよ。
Commented by tafu-r at 2010-05-30 22:26
本当に多いですね。好きな残雪期の山歩きが長く楽しめて嬉しいです。
Uさん、Fさんパワーで雲が取れましたが、スッキリと晴れず、
写真はちょっと残念でした~
Commented by 低山大好き at 2010-05-31 10:37 x
朝陽山ではありがとうございました
大雪の山々が再会を祝ってくれましたね
写真もステキ
ダウンロードさせていただきました

来年の再会も今から楽しみ
丸山?かな?
Commented by tafu-r at 2010-06-02 14:42
山頂では失礼しました。
丸か、それとも三角か、どこで会えるでしょうか。楽しみにしてます。
<< 音江山(沖里河温泉から剣山経由... 突角山~パンケトウ・ペンケトウ... >>